艦これ 「機関部強化」システムと活用法

2017/01/10のメンテナンスで実装された機関部強化システム

艦むすの速力を「低速」から「高速」、「高速+」、「最速」にすることが可能になりました

新システムということでまとめておきたいと思います

<スポンサーリンク>

「機関部強化」システム

運営ツイッターによれば

「機関部強化」系装備【改良型艦本式タービン】と【強化型艦本式缶】を同時に 装備することで、艦の機関部を抜本的に強化し、艦速を向上させることが可能になります。艦速【低速】の艦娘を、【高速】化することも可能となります。

補足事項 1/3 ※「強化型艦本式缶」の他に、【新型高温高圧缶】も同様以上のシナジー効果を発揮します。 ※艦娘の艦型等によりそれぞれ潜在艦速特性があり、シナジーの発生/内容が異なる場合があります。

補足事項 2/3 ※「戦艦」や「航空戦艦」の艦速を機関部強化によって「高速」にすることも可能です。 ※「高速」以上の艦娘で構成された艦隊は、「高速」艦隊となります。 ※艦種としての「高速戦艦」は、元から「高速戦艦」の艦娘のみです。

補足事項 3/3 ※「高速」以上に艦速を強化することも可能です。 ※「高速」以上の機関部強化は現時点では「回避」のみ影響がありますが、今後の実装では同艦速が有効な作戦海域/戦況も存在します。

と告知があります

  • 速力を低速から高速にすることができる
  • 高速の艦にも強化可能で、回避に影響がある
  • 今後実装海域では、同艦速が有効な作戦海域/戦況がある

こんな感じですね

「機関部強化」システムのやり方

「機関部強化」システムですが、

  1. 改良型艦本式タービン
  2. 強化型艦本式缶or新型高温高圧缶

こちらの2つの装備を装備することで効果が出ます

 

20170110011

瑞穂は低速ですが

 

20170110012

20170110013

このように、1.2の装備を装備させることで、速力が高速となります

2つの装備を装備しないといけなくなるので、装備枠がかなりキツイんですが、補強増強をうまく使って行きたいですね

強化型艦本式缶より新型高温高圧缶の方が、効果が大きい様な書き方がされているので、改修に強化型艦本式缶が追加され、新型高温高圧缶への更新も可能になっているので、活用する提督は活用しましょう

 

20170110014

ちなみに缶同士ではだめですよ

 

20170110019

そして高速の上に高速+

 

20170110020

さらにその上に最速という速度があります

「機関部強化」システムの活用方法

今回のこの「機関部強化」システムですが

  1. 低速艦を高速艦に無理矢理できる
  2. 高速艦は回避性能が上がる

という2つの効果があります。(今後の海域については、実装されたら追記します)

2の高速艦の回避性能に関してですが、装備枠2つを使ってまで回避性能を上げるメリットは今のところないでしょう

今後の実装海域という言葉が気になりますが、例えば被弾したら逸れたり、強制撤退海域などが実装されたら、装備枠を2つ使うメリットも出てくると思います。こちらは今後の情報待ちですね

ルート固定で最速縛りとか、最速だとルートが有利になるとかもあるかもですね

1の低速艦を高速艦にできることの方が活かしやすいと思います

2016年秋イベントでは、高速軽空母が酷使されました。考えて使わないと最終海域で軽空母が足りないという事態が起きました。

そのような場合に、今回実装された「機関部強化」システムが生きてくると思います

そして低速艦を高速艦にできるようになれば、編成の自由度が広がります

 

20170110017

低速艦の大和型を高速艦にして出撃したりすることもできますね

しかし装備枠を2つ使ってしまうので、火力や装備関係で弱くなってしまいます。補強増強を使っても1枠持っていかれるので、この点はよく考えて運用した方がよさそうですね

まとめ

装備枠はきつくなりますが、編成の自由度が広がるのはいいことだと思います

「機関部強化」システムの正式評価は、次のイベントや追加海域待ちでしょう

システム自体は面白いと思うので、いいシステムになることに期待したいですね。

スポンサードリンク


2017年夏イベント関連記事
・お札について
・E-1・甲・攻略
・E-2・甲攻略記事
・E-1・丙(ボスマス)・山風掘り
・E-1・Sマス掘り(狭霧)
・E-2・丙・Lマス狭霧掘り
・E-3・丙・輸送掘り(天霧)
・新艦グラフィック(旗風・狭霧・天霧・リシュリュー)まとめ
・深海棲艦グラフィックまとめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ