艦これ2017夏イベント E-3・戦力ゲージの攻略装備編成例

やっとE-3が終了したので記事かける

というわけでE-3の甲の戦力ゲージの攻略記事になります

E-4がしんどいということで戦力を削りたい気持ちはわかりますが、削り過ぎたらハマるので注意です

⇒E-3の輸送作戦についてはこちら

ちなみにヌマったおかげで天霧ゲットですよw

艦これ2017夏イベント E-3戦力ゲージA勝利で天霧ドロップ確認です

<スポンサーリンク>

2017夏イベントEx-3ステビア海・戦力ゲージ

海域概要

輸送作戦と戦力ゲージのダブルゲージ海域です

連合艦隊となっているので、お札に注意したい海域です

報酬

共通:Skuax1
+ 甲作戦:洋上補給x3、Swordfish Mk.II(熟練)x1、補強増設x1、新型航空兵装素材x1
+ 乙作戦:洋上補給x2、Swordfishx1、補強増設x1
+ 丙作戦:洋上補給x2、Swordfishx1

新アイテムが甲ではもらえますが、改造関係に必要ならちゃんと配られるので、甲がきついなら乙や丙に落としてもOK

ルート関係

A-C-D-E-H-MorN-Q

Hからの分岐はランダムっぽい。そしてNからQの索敵まじきつい

ここのルート固定は

「高速統一」+「大型艦3以下」+「史実艦を一定数編成(6~7)」

正規空母:赤城、飛龍、蒼龍、翔鶴、瑞鶴
軽空母:龍驤
戦艦:金剛、比叡、榛名、霧島
重巡(航巡):利根、筑摩、最上、三隈、鈴谷、熊野、鳥海
軽巡洋艦:阿武隈、由良、川内
駆逐艦:萩風、舞風、谷風、浦風、浜風、磯風、陽炎、不知火、霞、霰、初雪、白雪、吹雪、磯波

N→Qの索敵はマジできついので頑張りましょう

水上打撃部隊と空母機動部隊どちらでも挑戦できますが、どっちもおすすめと言われているので相性のいい方で行きましょう

私は空母機動部隊で挑戦しています。

装備編成例

どんどんとぬまっていくのでかなり編成いじりました

 

第一艦隊はこちら。飛龍と蒼龍はここに突っ込みました。

艦隊司令部とか必要ないですよ(撤退したらボス落とせないと思います)

 

航巡ですが、水上戦闘機を載せています。水上爆撃機だと撃ち落とされるっぽい?

 

空母関係ですが道中制空権優勢、ボス確保となっています

索敵関係で彩雲をいっぱい載せてみましたが、それたりそれなかったりでした

 

第二艦隊はこちら

カットインで装甲ぶち抜こうってことでカットイン装備の駆逐艦と由良をカットイン装備にしていたんですが、途中で諦めて基礎採用です

⇒艦これ 夜戦の「連撃」と「カットイン」について効果や装備のまとめ

 

秋月型は対空カットイン装備で採用してOKです(3隻いる場合は)

雷巡ですができるだけ温存したいですが、ぬまってみたら木曽を使ってもいいと思います。2隻目がいるなら2隻目使うのはありですね

阿武隈に関しても2隻目がいるならここに突っ込んでもOKでしょう

支援艦隊

全力で出しましょう。キラ付けはやっておくことをおすすめします

 

こちらのような編成を2セット出しましたが、出してよかったと思いましたね

攻略の様子

⇒艦これ2017夏イベント E-3の思い出・・・

⇒艦これ 2017夏イベントE-3・甲の思い出・・・takeつー

別記事にしていますが、無事に終わりました

最後はほぼ昼戦で終わったので、乱数の悪いものをずっと引いていたのかなって思います

 

海域を浄化して

 

新装備などいっぱいもらえましたね(まだ趣味装備みたいなものかな?)

 

さてE-4はさくっと終わらせましょう!w

 

資源消費ですが、結構使っていますね

E-3は堀とかしていたのでバケツ400個ぐらい使ってたw

まとめ

ぬまるときは沼るのが艦これです

装備や編成などを見直したり、キラ付けをやったりしましょう

焦ってイライラしてきたときは、ひとまず休憩をしましょう!

さて次のE-4は難易度がかなり高いようなので、ここは全力で行かせてもらいますよ

 

過去の過ちを繰り返すのも提督です

⇒艦これ 2016年秋イベント 通常海域用の陸上攻撃機・局地戦闘機は早めに外しておこう

すっかりと忘れていましたよw

スポンサードリンク

2 Responses to “艦これ2017夏イベント E-3・戦力ゲージの攻略装備編成例”

  1. マコト より:

    第二艦隊の雷巡の代わりに軽空母入れてみたら
    一戦(最初の潜水艦)増えますが明らかに安定しました。

    • ナナシ より:

      マコト様

      そうなんですか。
      それは気になる情報です
      E-7沼って試す隙がないのがざんねん

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ